グルメ・料理

【混ぜるだけ】アボカド納豆丼!生理前の食欲旺盛な時期にも!

まちゅの
まちゅの
こんにちは、まちゅの(@kimamachuno)です!

今日はわたしが最近ハマっている、アボカド納豆丼のレシピをご紹介したいと思います!

Sponsored Link

アボカドはダイエットにもアンチエイジングにもいい!

まずわたしはいまダイエット中なんですけれども、

アボカドって、ダイエットにめちゃめちゃ適した食材らしいんですよ!

アボカドがダイエットに適している4つの理由
  • 満足感が高い
  • インシュリン抵抗性が低くなる(これが高いと血糖値が上がって肥満につながる)
  • アボカドを食べた後はお菓子を食べたくなりにくい
  • 空腹感を抑える効果があり、腹持ちがいい

脂質が多いのでカロリーは高いんですけど、アボカドの脂質は他の食材と比べてもかなり良質ですし、アボカドを食べることで無駄な食欲を抑えることができるならば、アボカド1個のカロリーくらいは大した問題じゃないですよね!

一説によると、上記のようなアボカドのダイエット効果は、生理前の食欲にも効果的なんだそうです。なので、ダイエット中だったり生理前の食欲が抑えられない時なんかにアボカドは最適!

また、アボカドはアンチエイジング効果(抗酸化力が高い・血管を若く保つ手助けをしてくれる)やスキンケア効果(肌の炎症を抑える)も高いので、ダイエットをしていない人にも積極的に食べていただきたい食材。

発酵食品は科学が認める唯一のスーパーフード

さらに納豆は、豆類にありがちな以下の問題点をほぼクリアした豆。

  • フィチン酸がミネラルの吸収をブロックし、肌や髪の毛の成長をさまたげる可能性が大
  • ビタミンB12の不足を引き起こす(貧血や睡眠障害の原因になる)

納豆だとフィチン酸がないのでミネラルの吸収をブロックしないし、ビタミンB12も入ってるし、骨の成長に必須のビタミンK2も豊富。

しかも納豆は発酵食品ですから、腸内環境の改善にもなって、その結果お肌もキレイになってメンタルも強くなりますし、肥満の人は発酵食品を食べると体脂肪が減る効果もあるそうです💖

そんなアボカドと納豆をコラボさせた、アボカド納豆丼。とにかくめちゃめちゃ美味しいし、作り方も火を使わず、切るのはアボカドのみ、あとは材料を混ぜてご飯にのせるだけで簡単&時短なので、一度作って味わってみてください(*´Д`)

アボカド納豆丼の作り方

材料

メインの食材

  • アボカド・・・1個
  • 納豆・・・1パック(付属のたれを混ぜるかどうかはお好みで)(わたしは混ぜる派)
  • ごはん・・・お好みの量

味付け

  • ごま油・・・大さじ1くらい
  • しょうゆ・・・小さじ1くらい
  • マヨネーズ・・・大さじ1くらい
  • レモン汁・・・適当にふりかける
  • わさび・・・好きなだけ
  • すりおろしにんにく(なくてもいい)・・・にんにく1かけ分くらい

トッピング

  • いりごま・・・好きなだけ
  • 卵黄・・・1個
  • きざみ海苔・・・好きなだけ
  • 青ねぎ・・・好きなだけ

アボカド1個は多い!という場合は、全部の量を半分にすると、ちょうどお茶碗1杯分くらいのごはんにちょうどいい量できますまたはアボカド1個で作って誰かと半分こするとか、作るだけ作っておいて半分は保存しておくのもアリかなと。

作り方

  1. アボカドを切る
    とりあえずアボカドを半分に切ります。
    適当に食べやすいサイズに中身を切ります。

    スプーンでほじくり出します。
  2. ボウルかなんかに、切ったアボカドと味付けの材料を全部入れて、混ぜる

    ちなみにわたしは、これくらいのわさびが好きです。
  3. ごはんを用意する
  4. ごはんの上にきざみ海苔を敷く
  5. 混ぜたアボカドたちをのせる
  6. 納豆をのせる
    このとき、納豆の真ん中を凹ませてたまごポケットを作っておきます。
  7. 卵黄をのせる
  8. ごまをふりかける
  9. ねぎを散らす
    (写真撮影日にねぎを切らしていたので写真はなしw)
  10. 完成!

ちなみに納豆なしでもふつうに美味しいです!

なんかガッツリ食べたいけどジャンクすぎるものは抵抗がある!というわたしのような人にはちょうどいいと思うのでぜひ作ってみてください(*‘ω‘ *)

まちゅの
まちゅの
”良質な脂質”とかいいながらマヨネーズやごま油を使用している点は知らなかったことにしましょうw

Sponsored Link

この記事の関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。