ダイエット

【痩せて変わったこと・変わってないこと】MAX76kgの太ってた時→24kgのダイエットに成功して太ってない現在との違い

まちゅの
まちゅの
こんにちは、まちゅの(@kimamachuno)です!

わたしはこれまでに、全部で24kgのダイエットに成功しているんですけども↓

時々ふと、ダイエット前の自分と比べて「こういうところが変わったな〜!」と、しみじみすることがあるんですよね。

今回はそういった「太ってた時の自分」と「痩せた今の自分」を比較して、違いをまとめてみようかなと思います!

Sponsored Link

体型に関する劣等感を感じなくなった

「太ってない」と思えて精神が安定した

まずはコレですよね。やはり見た目に関しての変化が一番大きいです。

特に「もう太ってない」ということで、めちゃくちゃ精神が安定したんですよw 痩せてると思うかどうかじゃなくて「太ってない」って思える、ということが本当に嬉しいんです。

どれだけ痩せても太っていると思い込んで摂食障害になってしまう人もいますが、わたしの場合は見た目ではなく「数字で太っているかどうか判断している」ので、客観的な数字で太っていないと断言できますw

まちゅの
まちゅの
BMIで25以上、体脂肪率で30%以上が肥満です。

わたしは今BMIが20くらい、体脂肪率が23〜24%なので、万が一人から太っていると言われたとしても「いや絶対にデブではない」と言い切れますw

ちなみに理想的な数字は、BMIが20.75、体脂肪率が20〜22%です。

ショートカットにしても顔が大きく見えなくなった

わたしは昔から髪が短い方が似合うと言われていたんですが、太っていたときはショートカットにすると顔の大きさが際立ってしまい(特に二重顎)、それを隠したくてあまり短くできなかったんですよ。

でも痩せたらだいぶフェイスラインがスッキリしたので、先日思い切ってまた短くしてみたんです。そしたら前のような「顔の大きさが…」という不満がなくて、むしろいい感じになったんです。それでやっぱり、わたしはショートの方がいいなって思えました。

本来の自分に似合う髪の長さに、やっと戻れたって感じですねw

何を着ても太って見えなくなった

前は何を着ても「なんか太って見える…」と、何を着ても似合わない、しっくりこないと思ってたんですよ。

でも痩せてからは、以前ならより巨大化して見えてしまうようなモッコモコのアウターを着ても、太って見えなくなりました。「オーバーサイズ」をあえて着るファッションも、以前なら”太ってる人が着てちょうどいい服”だったんですけどw 今はちゃんとオーバーサイズ感が出て、いい感じになりました!

指も細くなった

これは「気付いたら」って感じだったんですが、指も相当細くなってました。元から手のひらや指の付け根がむちむちしてはいた(手が気持ちいい・マッサージ向きの手ってよく言われる)んですが、太っていた時はそれがより一層むっちむちでw 赤ちゃんかよっていう感じでしたw

でも痩せたら、ちゃんと以前の手に戻りましたw 以前はよく手が綺麗と褒めてもらえてたんですが、また褒めてもらえるようになりました!

Q. モテるようになった?

よく「痩せたらモテるようになった」って聞きますよね!

しかしわたしの場合はもともと超インドア派で、なるべく人との関わりを避けて生きているというのとw(SNSでのコミュニケーションは楽しい)
さらに今はコロナ禍というのもあり、そもそも外に出る機会自体がほとんどなく、モテるようになったかどうかは全くわかりませんw

でも彼氏からは見た目が良くなったと言われました🥰それに以前は、ハグとかした時にお腹のお肉が気になって仕方なかったんですが、その心配もほぼなくなりましたw

まちゅの
まちゅの
“ほぼ”というのは、今は脂肪の多さではなく筋肉の無さが気になっているので、そういう意味でお腹が気になっていますw

Q. 周囲の人からの扱いは変わった?

「痩せたら周りの人が優しくなった・親切になった」とかもよく聞きますよね!

しかしわたしの場合はもともと超インドア派で、なるべく人との関わりを避けて生きt…(以下同文)

食べるのが楽しくなった

最近の中で、最も強く感じている変化はコレですね!

太っていた時は、人前で食べることが恥ずかしかったり、食べること自体に罪悪感があったんですが、今は「太ってない」という安心材料があり、罪悪感なく美味しく食べることができるようになりました!

なんか太ってる時って、そんなにカロリーの高いものを食べてなくても「デブだから食べてる」みたいに思われてるんじゃないかってどうしても感じてしまい、人前で食べること自体が恥ずかしかったんですよね。

それに「またこんなもの食べちゃってる…余計太っちゃうのに…」などと、好きなものを、いつも自分を責めながら食べてました。食べたあとは毎回自己嫌悪タイム。

でも痩せた今は、人前で食べても恥ずかしくないので堂々と食べられるし、もはや体型コントロール術を覚えてしまったので「一旦体重増えるけど、大丈夫!」と思いっきり楽しんで食べられるようになりました。

まちゅの
まちゅの
ごはんを楽しく美味しく食べるためにも、今後はもう二度と太ってたあの頃には戻りたくないなって思いますw

好きな食べ物がめちゃくちゃ変わった

これがすごくびっくりなんですけど、好き!美味しい!って感じるものが、痩せていくにつれて自然に変化していきました。

中には「美容にいいから好きになりたい!」と思ってチャレンジし、克服したものもありますが、美味しくないのに美味しいと感じようとしたことは一度もなく、食べてみたら「あれ?こんなに美味しかったなんて!!」ということがほとんど。

特にわたしは「食べ物の質」にこだわるダイエットをやってきたんですが、質の高いもので感じる「本当の美味しさ」を知ったんですよ。それにより、ジャンクフードで感じる”美味しさ”は「本当の美味しさ」ではなかったんだと気付いたんですよね。

とはいえ、別にお高いものばかり食べてきたわけではないですよw 値段ではなくて「自然」かどうか。

具体的には、鮭、キャベツや白菜などの葉物野菜、ブルーベリーやりんごなどのフルーツ、ハーブやスパイス、オリーブオイル、お水、お茶、コーヒーなど。これら全部、ダイエット前のわたしなら嫌いだったり、嫌いまではいかずとも興味がなかったりしたものばかりです。

でも今では、ほぼ毎日鮭やキャベツを食べるくらいには大好き。今まではお鍋に入ってる白菜も食べなかったくらいなのに、今は自ら白菜を食べたくなることも多いです。サラダには必ずバジルをドバドバかけ(ないと物足りない)、お肉もローズマリーなどのスパイスを使った料理が大のお気に入りに。飲み物は基本的にお水かお茶、たまにコーヒー。

朝は野菜とフルーツがお気に入り&定番メニューに。この写真の飲み物は自作のブルーベリー豆乳です。

今の食生活を太っていた時の自分がみたら、きっと「信じられない、わたしがそんなものを食べるはずが、しかも美味しいなんて思うわけがない」と言うでしょうww それくらい、好きなものが変化しましたねー。身近でみてきた母も「アンタが野菜を食べたいとか、ハーブが美味しいとか、今でも信じられない」って言いますw

ちなみに今まで好きだった、カツ丼、コロッケ、唐揚げなどフライドチキン、マヨネーズなどは、今は「味は美味しいけど、食べたあとのお腹いっぱいのなり方が苦しくて、体調も悪くなるから食べたくない」と感じます。

まちゅの
まちゅの
シンプルに食べ過ぎた時もそうなんですが、ちょっと不健康な食事をすると、永遠にゲップ?が上がってくる(食後数時間経ってもずっと苦しい)んですよね…それがつらくてつらくて。

なんか自然なもので感じる「お腹いっぱい」は精神的にも満たされて苦しくないのに、ジャンクなものだとなんかまだ物足りないのにお腹ばかりが苦しくなっちゃうんですよね。だから今はあまり好きではないです。これも大きな変化。

料理が好きになった

これも、自他ともに「別人レベル」なんですけど、料理が好きになりましたw

今までは料理といえば、たまに自分が食べたいものを作ることはありましたが、そもそも本当に白米が大好きなので、白米大量(大きめのサラダボウルに山盛り)が基本メニュー。
ごはんのお供として、鮭マヨ(鮭フレークにマヨネーズを大量に混ぜたもの)を大量だったり、さらにコンビニやスーパーなどのコロッケ(マヨネーズつけまくる)とかでしたからねw そんなものが好きだったんで、料理をする必要性がありませんでしたwww

でもダイエットをするにつれて、だんだんと「美味しい!」と感じるものが変化してきて。好きなもの同士を自由に組み合わせてさらに美味しいものができる料理というものに、いつの間にかハマっていた、という感じですw

なので今でも「⚪︎⚪︎美味しい〜!」+「△△に最近めっちゃハマってる〜!」=「もしかして⚪︎⚪︎と△△って組み合わせたらめっちゃ美味しいのでは!?」→作る!っていう流れですw

美味しいものを食べるためなら、料理なんて全く苦ではないどころか、むしろワクワクします!

まちゅの
まちゅの
そして自分が美味しいだけでなく、自分が作ったものを人にあげたときに喜んでもらえることの嬉しさにも目覚めまして、今ではただの料理好きと化しておりますw

いびきが改善した

これはかなり深刻な問題だったんですけど、太ってる時はいびきが本当にひどかったんですよw 音が大きいだけでなく、寝ている本人も、首周りのお肉が苦しくて寝苦しかったりしました。

いびきをかいたら録音してくれるアプリで初めて自分のいびきを聞いた時のショックさは、今でも忘れられません…「おっさんやん…」ってなりましたからwww

でも痩せてからは、本当にめっっっちゃいびきが小さくなりました!今でも多少かいてはいるんですけど、寝息のちょっと大きいverみたいな感じだったり、いびきをかく回数もめちゃくちゃ少なくなりました。いびきの改善は、わたし的にはかな〜り嬉しい変化でした!

歩いてるときに内ももが擦れなくなった

これまたリアルなやつですねwww 太ってた時は歩くと内ももが擦れて歩きにくかったり、ズボンもすぐに股擦れしたり、かといってスカートを履くと内ももが擦れすぎて皮膚が炎症を起こしたりしていたんですよねw あと内ももの生地が擦れる音も大きくて、歩くだけでもめちゃくちゃストレスでした。

でも痩せるにつれてそれがなくなってきて、今は何も気にせず、普通に歩けるようになりましたw ズボンも痩せてからは一度も股擦れしていません。おかげで服にかかるお金も少なくなり、精神的にもラクになりましたw

寒がりになった

これは唯一の欠点で、本当に世界が寒くなりましたwww

今までは「わたしって寒さに強いんだ!」とポジティブに思っていましたが、たくさんのお肉たちが守ってくれていただけだったんだと気付きましたw 以前は車に乗っていたら、自分が乗っている場所の窓だけ曇るくらいには体温が高く、人からも「手がいつも温かい」とご好評をいただいていたんですけどねw

でも今は逆に「ちょっとお願いだからその温かい手で包んでもらえませんか」ってくらいには大体いつも寒いです。みんなが寒い寒いって言ってるのが、本当に寒いんだなってやっと共感できますw

逆に、痩せた今も変わっていないこと

ここまでは「変化したこと」を書いてきましたが、逆に「こういうところは変わってないな〜w」って思うところもあるので、それもまとめておきます!

誘惑にはめちゃくちゃ弱い

これはダイエット前も痩せたいまも、本当に変わってないですw

目の前に好きなものがあったら基本食べちゃいますし、食べた後に後悔することも多々(苦しくなったり、無駄に食欲が増したりするので)。

まちゅの
まちゅの
先日も寝る直前(夜中)にドカ食いして、お腹が痛くなってめっちゃ後悔しました…w

しかし、何回後悔していても、同じ失敗を繰り返してしまうんですよね…まぁ失敗する頻度はだいぶ減りましたが、そういうところも、今も変わってないですw

自分にめちゃくちゃ甘い

これも本当に昔から変わりませんねwww 基本的に3大欲求には逆らえないものと思ってるのと、食べちゃったとしても美味しかったという幸せはあるので、「食べちゃったけど、美味しかったからいっか〜!」ってなってますw

「自制心」という言葉は、わたしの辞書にはありません(`・ω・´)キリッ

好きになったらそればかり食べる

これはダイエットとか関係なく、本当に昔から変わってないんですが、好きになった食べ物があったらそればっっっかり食べますねw

ダイエット前はそれが白米や鮭マヨだったんですが、今は鮭と大葉の混ぜごはんをほぼ毎日食べてますし、あとゆでたまごのチーズドレッシングサラダ(バジル大好きなのでめっちゃかけたやつ)もハマってて毎日食べてますw あ、あとブルーベリーですね!

わたしは自分が好きになったものをめちゃくちゃ人に勧めたいので、そのためにブログをやってるようなところもありますw なので単に宣伝とかじゃなく、わたしの場合は「本当に美味しいからみんなも食べてみて!!ハマるから!!(自分がハマってるだけ)」っていう気持ちで毎回書いてますw

まちゅの
まちゅの
ちなみにリアルでの知人との会話でも、ブログに書いているような「これが美味しい!」「これがめっちゃ美容と健康にいい!」というような話を主にしていたりしますw しかも解説が大抵マニアックで、話し始めると色々言いたくてつい早口になっちゃうので「完全にオタクやんwww」ってよく突っ込まれてます

 

「痩せて変わったこと」「痩せても変わってないこと」は以上です!

こうしてみると、変わったのは好きな食べ物や物理的な問題だけであって、性格とかは一切変わってないんだなって思いますねw

「痩せるには自分の甘い性格を変えなきゃいけない」とか思ってる人は多いと思うんですけど、決してそうじゃないよね、変わらなくても痩せられるよねってことが、この記事でお分かりいただけたかと思いますw

「そんなんで、じゃあどうやって痩せたんすかwww」って疑問に思った方は、こちらを一読くださいw↓

一応科学的根拠満載の方法なんで、かなり参考になると思います。まぁご興味ある方はどうぞw

というわけで、何か質問とかありましたら、コメントなどでどうぞ!

Sponsored Link

この記事の関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。