「考え方」って「服」と一緒。好きな服を着て、嫌いな服は脱げばいい。

machuno
こんちゃ!machuno(@machuno3)です!

今日は、わたしが思うことを書いていきたいと思います💖

何を思うかというと、「を生きようよ!」ってことです。

どういうことかをこれから説明していきますね!

科学や占いなんて、所詮「過去」のこと

わたしは以前は思考優位といいますか、常に頭の中がフル回転していて、一日中なにかを考えているようなタイプでした。

本を読んだりネットで調べたりして知識を得ることが好きで、得た知識を使って自己分析をするのも好きでした。またストレングスファインダー(自分の強みを知るツール)では戦略性がトップであり、常に先々のことを予測したり、未来に起こりうる出来事について考えてばかりいました。

そして、一時期占いマニアと化していた時があり、特に四柱推命に没頭していたときにふと気づいたのです。

machuno
これって全部過去のことやん🙄💡

本に書いてあることもそうですし、いまある占いというものはほとんどが「過去」を分析したもの。なんだか急に、自分はずっと過去にばかり目を向けていたんだと思うとむなしくなってきたのです🙄

いままでこうだったからといって、これから先もそうだとは限らない。科学だって、昔は正しいと信じられていたものが、最近では間違いだったと分かったりしているのだし、過去がそうだったからといって、この先もずっとそれが正しいとは限らないんじゃないかと。

たとえば、牛乳は骨を強くするものだとずっと言われていたし信じてきたけど、最近ではむしろ、牛乳を多く飲めば飲むほど骨がもろくなることがわかっています。なぜなら、牛乳やチーズなどの乳製品はカルシウムは豊富でも、マグネシウムの量とのバランスが悪いからです。カルシウムばかり摂取していては、骨からマグネシウムが奪われてしまい、骨を強くするどころかかえって骨をもろくしてしまうのです。

だから、本当に何が正しいかなんてわからないというのが現実だと思ったんです。

いくら有名な人の本に書いてあったからといって、どれだけたくさんの人が正しいと言っているからといって、それが本当に正しいかどうか、その時は正しかったとしても、今も正しいかどうかはわからないのです。

未来のことは誰にもわからない

あなたの人生にこれから何が起こるか、何があなたの人生をよりよく変えることになるのかなんて誰にも予測できません。科学がこんなに発展しているのに、いつ大地震が起こるのか、明日の天気がいつどうなるのかさえ、100%予測することなどできないのです。

もちろん、過去にあった地震の経験から、これから起こりうる地震に備えることは大切です。これから降るであろう雪にそなえてタイヤチェーンを付けたり、スノータイヤに変えることも大切です。そうやって過去から学んだことが役に立つことももちろんあるでしょう。

でももしかしたら、過去にないような地震が起こって、今までの知識では到底足りないということが出てくるかもしれません。タイヤチェーンやスノータイヤでは太刀打ちできないほどの大雪が降るかもしれません。

隕石が落ちてきたらどうすればいいかとか、ゴジラがやってきたらどうすればいいかとか、そういったことは経験がないからわかりません。

要するに、結局はその時になってみないとわからないのです。

大切なのは「今」です。今、雪が降っているのに、今までの雪がどうだったかとか、これから雪がどうなるかとかばかり言っていても時間の無駄です。一番大切なのは今降っている雪に対応することであり、誰が何と言おうと、人は「今を生きる」ことしかできないのです。

「今を生きる」を邪魔するもの

「今」を生きるにあたって、一番邪魔になるものは「先入観」だとわたしは思います。

先のことなどどうやってもわからないのに、ああかもしれない、こうかもしれないと、過去の経験や情報に縛られて「今」が見えなくなる、ということが本当に多いと思います。

人は誰しも、元々は赤ちゃんでした。赤ちゃんには、先入観や執着などひとつもありません👶🏻🍼✨

ですが、親をはじめとする周りの大人たちと接していくうち、大人たちが言っていることは正しいのだと思い込みます。数々の大人から教えてもらった情報にもとづいて、あらゆる物事を解釈しようとしていきます。

人生で初めての間違った思い込みは、「大人は正しい」だとわたしは思います。

そして、自分が大人になってみて初めて気が付きます。

machuno
大人って全然正しくない!

そこから、自分を苦しめる「先入観」の断捨離が始まるのです🚮

わたしはそんな断捨離を、ここ何年かひたすらにやってきたように思います。自分の思考のもとになっているものを分析し、それがどこからやってきたものなのか、それは本当に正しいのか🧐そして違うと思ったら手放す。その繰り返しです。

変化に強い人間が一番強い

昔、大人から着せられたからといって、その服をずっと着ている必要はないのです。自分が今どんな服を着ているのかを知って、今の自分に合わない服はさっさと脱ぐ。

今までがどうだったかなんて一切関係ありません。一分前は寒かったからコートを着ていてよかったのかもしれませんが、今が暑いのなら何の迷いもなく、ただコートを脱いでしまえばいいだけなのです!

そうやって、その時々で生きやすいように変化して生きればいいと思うのです。それが「今」を生きるという最強の生き方だとわたしは思います☝💖

今のあなたのままでいい

ここでひとつ、誤解してほしくないのは、今のあなたを否定しているわけではないということです。

なぜなら、わたしは今まで過去や未来にめちゃくちゃ執着して「今」を見失っていた経験をしたからこそ、こういったことに気付けました。そしてこの経験をこうやって話すことによって、同じような境遇にいる人を救うことができるかもしれません。

今あなたに起こっていることには、必ず何か大切な理由があるのです。

そして、起こった物事の意味は、あとからわかるものなのです。

これはわたしが最近学んだ一番大きなことです。

今日、あなたがこの記事を読んだことにも必ず意味があります。そしてその意味はあとになってからわかります。

だから今回は、こういう考えもあるんだなぁということだけでも知ってもらい、この考えに執着せずに、むしろ一旦忘れるくらいのスタンスでいてください。

大丈夫です、本当には忘れませんから😆必要な時に思い出すものです。千と千尋の神隠しのハクの名言でもありますからね!

f:id:machunoyade:20180523120958j:plain

一度あったことは忘れないものさ、思い出せないだけで。

いつかこの記事が、あなたの人生のどこかで役に立つときがきますように💫

コメントを残す