母親から愛されることを諦めると生きやすくなるかもしれない

こんちゃ!machuno(@machuno3)やで!いつもまちゅろぐに来てくれてありがとう!

 

今日、わたしが今まで抱えてきたネガティブが、ついに大爆発しました💣💥www

それも、ものすごーーーく些細なことで、昔からずっと心の奥底にあった苦しみが噴き出してきて、「そうだ、わたしは昔、こういうことをいつも感じていたんだ!」と思い出しました。あー懐かしいwww

 

そして気付いてしまったのです。

machuno
わたしって今までずっと、母親から愛されようと頑張って生きてきたんだ😱😱😱

 

この世における「私の基礎」を作り上げたのは母親

今まで、知識としてはずっと頭の中にあったんですよ。

幼い頃の母親からの扱われ方や育てられ方が、大人になってからも無意識に多大なる影響を及ぼす、っていうやつ。

それがよくない影響だと、いわゆる「毒親」とか「アダルトチルドレン」とかっていうやつになりますね。気になる人は各自調べてみてください。

で、以前これらについてすごく調べたことがあって、もしかしたらわたしの親も毒親といえるのかもしれないとか、もしかしたらわたしはアダルトチルドレンかもしれないとか思ってたんですね。

でも、だからといっていつまでも親のせいだとか思ってたら幼稚だし、何の解決にもならないよな!と思って、一旦このことについて考えるのはやめたんです。

 

しかし⚠

 

この件が、思っていた以上に根深いようだ⚠ということに気が付いたんです😱💦

 

というのも、今日、こんなことがありました。

わたしの部屋で飼っている猫がヨモギアレルギーでして、なるべくヨモギをわたしの服や身体につけないように、細心の注意を払って生活しているんですよ。

で、母が仕事上ヨモギと関わりが深く、今日、仕事のユニフォームを着た母が超近距離に近づいてきたので「ちょっと離れて」と言ったんですが、母はめんどくさがってなのか離れてくれず。

何度か「ちょっと…💦」と言いつつ困っていたら、母が「これくらいいいやん💢💢」って感情的になって怒ったんですね。でもわたしがヨモギを厳重に避けていることは母もよく知っているし、わたし自身が間違ったことをしたとは思えず。

そしたら母が怒ったことがだんだん許せなくなってきて、いつもならそんなことではわたしは感情的になったりしないんですが、今日はなぜかそれが抑えられない⚠

母が仕事に戻ってから、急に自分でもびっくりするくらいに号泣してしまって、怒りも抑えきれなくて、自分でもびっくりするくらいの力で座っていたソファを殴りつけてしまいました( ゚Д゚)⚠

 

そしてその感情から、「あれ、この感じ、そういえば昔もあったぞ!」と思い出しまして。

そういえば、昔からわたしは母の怒り方が気にくわなくて、

  • 「なんで怒られたのかわからない」「何がそんなに悪かったのか理解できない」と疑問の残る怒られ方
  • 「親に向かってなんやその言い方は!!」といった”親は子供より偉いんだぞアピール”のすごい怒られ方
  • 頑固に親の言うことを聞かない時の「外に放り出すぞ!!」という見捨てられ不安をあおる怒られ方→親に従わないと捨てられるという恐怖の植え付け
  • 突然大きい声で感情的に怒鳴り、恐怖心をあおって服従させられる怒られ方
  • 機嫌を損ねると無言&話しかけても無視され、何度も呼びかけるとキレられる
  • 機嫌を損ねると物への当たりがキツくなり、足音もドンドンうるさくなるし運転も荒くなって危ないし、とにかくいちいち物音がでかくて気にせざるを得ない
などをされるたびに、言い返せない、行き場のない気持ちを「ママなんて大っ嫌い!!クソババア!!」ってノートに殴り書きしていたんですよ(「大嫌い!」って母に直接ぶつけたこともありましたが)

 

それを思い出した瞬間、「このどんどん噴き出してくる抑圧されてきたストレスは、例の母親問題が原因だ!!」ってピンときました。

machuno
やっぱりこの問題は避けて通れないぞ!!!

 

なぜなら、わたしが

  • いつも自分のことを無意識に責めてしまうのも
  • ありのままの自分を誰も愛してくれるわけないと思ってしまうのも
  • 学校や社会に適応できなくて対人恐怖症になってしまったのも
  • 人の気持ちに敏感になりすぎて人に会うのがしんどいのも
ぜんぶ、根っこは母親との問題から来ていたと分かったからです⚠自分の自分に対する態度は、そのほとんどが親(とくに母親)との関わりに起因していると、今まで調べてきたいろいろなところに書いてあったのです。

\(^o^)/めっちゃ些細なことでここまで気付いてしまうわたしやばいwwww

 

気付いたきっかけ

これに気付くきっかけのもとになったのは、わたしがTwitterでフォローしている自分探しイズム1(@sinrizm)さんの「幼児的願望」というモーメント(ツイート集)。

このツイート集の中のツイートのほとんどに「これわたしだ!」「これわたしの母がやってたことだ!」と当てはまってたんですねw

たとえばこちら↓

(AC=アダルトチルドレン)

わたしは頭の中の声がものすごく多くて、だからTwitterも書き出したら止まらない(最近は抑えているw)し、たしかに昔、わたしが一生懸命話していても「子供だから」とか「今忙しいから(いつも忙しいのに、いつなら忙しくないの?)」って感じで聞いてもらえなかったことをよく覚えているんです。

それに大人になってからカラーセラピーをしてもらったときに、「話を聞いてほしい」という自分でも気づかなかった本心がものすごく強く出ていて、「なんでそんなに話を聞いてほしいの?」と聞かれてもわからなかったってこともありました。

まぁ、だからブログが好きなのかもしれませんがwww

 

あとは、

これなんかは、わたしが大学に入ってすぐ精神的に限界がきたとき、メンタルクリニックにて、どのような感情がどれくらいあるのかのテスト?のようなものを受けたところ、

〇 ■■■■■■■■
△ ■■■■
イライラ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆ ■■■■■■

↑これくらい突き抜けて「イライラ」が強かったんですよねwww

イライラが溜まりすぎて憎しみの塊になって憂鬱になって、結果的に精神的な限界が来たのかもしれませんね_(:3 」∠)_

 

他にも「わかるわ~当てはまるわ~」と感じたものをいくつか載せると、

↑ものすごく子どもが大切で「無関心」とは真逆のような親だと思ってたけど、実際その親の子どもであるわたしが今でも感じているのは「母はわたしのことなんて興味ないんだろうな」ということ。

なぜなら母は、わたしが話したことやわたしとの約束はほとんど忘れるくせに、父や仕事のお客さんの言うことや約束は忘れないから。あと、わたしが自分のことを話しているのにすぐ「ママも…」と自分の話になって、気を付けないとわたしの話がなくなってしまうから。でもそれが理由の全てじゃなく、本当の原因は幼い頃にあったんだなと。

心で感じていることの方が真実なので、母親が子どもに本当は無関心だったというのが事実なんだろうと今は思っています。

 

もう挙げるとキリがないくらいに、ツイート集のほとんどが当てはまっていましたw

他のツイートはこちらをご覧ください。

 

「母からの愛情を感じられない」

わたしは以前、頭では「母はわたしにたくさんの愛情をそそいでくれた」と分かっているにもかかわらず、心では「愛情をそそいでもらったと感じることができない」と悩んでいたことがありました。

でもさきほど載せたようなツイートや、これらのようなツイートを見て↓

machuno
そうか、わたしが愛を感じられないことがおかしいんじゃなくて、実際にわたしは「愛」を与えられなかったんだ!

と思いました。わたしが「愛」だと思おうとしていたものは、実は「愛」ではなく、「執着」や「依存心」だったのかと。母親自身も幼い頃に「愛」について問題を抱えていたらしいので、きっと母も「愛」とはどういうものなのかがわからないまま育ち、愛する能力のない母親になってしまったのだろうと気付いたのです。

それによく考えてみたら、母は今「自分を愛する」課題をこなしている真っ最中。自分さえも愛せていない人が、他人を本当に愛することができるわけがありません。

わたしがずっと母からの愛を”感じられなかった”のは、母から「愛」を与えてもらえなかったからだと分かったのです。

 

要するにわたしは「母から愛されている」と感じられずに今まで生きてきて、母から愛されようとしながら生きてきたということ。

常に愛情に飢えていて、それが原因で昔から治らないチックの症状(愛情飢餓などのストレスが原因とも言われている)や、たしか小学生になってもしばらくは哺乳瓶で飲み物を飲んでいたこと、家では母の動向や機嫌が常に気になってしまって休まらないこと、母が少しでも機嫌が悪いと「何か悪い事したかな…」とビクビクしてしまったり自分を責めてしまうこと、アラサーにもなって未だに親から自立して生活できていないこと、母のことが好きなのに嫌いという相反する気持ちを常に抱えてきたことなど。

「母に愛されていない」というわたしの長年の思い込みがベースにあり、また、母との人間関係が外での人間関係にも影響するため「わたしは他人から愛されていない」という人間関係のベースができ、その基礎のせいで昔も今も、わたしは生きづらさを抱えて生きている

 

まぁ、母自身も愛する能力のない母親から育てられた側なので、母親がすべて悪いわけではないけれど、そんな母によってわたしも負の連鎖を引き継がされてしまったというのは事実。

 

で、どうしたらいいのか?

ここからが問題なんですが、じゃあどうしたらいいのか??

いろんな解決策のオススメがあるとは思うんですが、わたしはまず母親から愛されることを諦めようと思いました。

なぜなら、愛する能力がない人から愛されようとしても、それは無理じゃないですか。いくら持っていない人からもらおうとしたって、ないものはないんですもんwない人から無理やりもらおうとするんじゃなくて、ある人からもらえばいい話じゃないですか。

だから今日このことに気付いたことをきっかけに、母から愛されることを諦めようと思いました。

 

じゃあ「愛のある人」から愛されればいいんですが、それはどうすればいいのか?

わたしが思うに、自分が愛のある人になって、自分が自分を世界で一番愛してあげればいいじゃない!と。

わたしは今まで人生やスピリチュアルの勉強をしてきて、愛の本質を知っています。愛とは、ALL OKということだと。

「どんな自分でもいいんだよ」と、自分で自分を受け入れてあげる、認めてあげる。他の誰から否定されたとしても、自分だけは自分を許してあげる。

もうこれしかないんじゃないかなと。

 

怠け者な自分も、好き嫌いの激しい自分も、気分屋な自分も、わがままな自分も、できない自分も、わたしが自分で許して認めてあげる。自分だけは自分の味方でいる。

わたしは今までの、人から(母から)愛されることで自分の価値を見出そうとしていた生き方を卒業して、自分で自分を愛し、自分の幸せを自分で決められるような生き方にシフトしていこうと思います。

 

これでちょっとは楽に生きられるかな\(^o^)/✨

 

その後の経過についてはこちら

毒親から植え付けられた「罪悪感」を手放すために

2018.11.20

Sponsored Link

コメントを残す