寝ている時の夢って、実は「あの世」なんだって

こんちゃ!machuno(@machuno3)やで!

どこでこの情報を見たのか思い出せないんですけど、寝てる時にみる「夢」って、実は「あの世」での出来事なんだそうです😴💤💭✨

 

人は毎日死んでいる

写真は人じゃなくて猫ですがwww

人って、寝るたびに死んでるんですよ。これはずっと前からなんとなくそう思ってて、今でもそう思ってます。

寝る=死ぬ。「永い眠りにつく」とか「永遠の眠りにつく」とかっていうじゃないですか。まさにそのまんまなんですねw

で、死ぬとはどういうことかというと、魂が身体から抜けてあの世へ行くこと。そして身体がもう二度と魂の戻ってこられない状態になると、永遠の眠りにつきます。

 

夢=あの世ではすべてが思い通り

あの世では、思ったことが、思った瞬間に現実になるそうです。

「ディズニーランドに行きたい」と思った瞬間にディズニーランドに到着し、「チュロスが食べたい」と思った瞬間にチュロスが食べられます。

このような世界に、寝てる間は帰っています。
(本当に死んだときに行くあの世と、まだこの世にいる人が行くあの世は違うという説もあります)

 

いわば「すべてが叶う場所」でもあるため、楽しいイメージばかりをしてあの世を満喫する人にとっては「天国」ですよね!

しかし、反対に嫌なことばかりイメージしてしまう人にとっては、嫌なことばかりが現実化されてしまうため、「地獄」にもなりうるということでもあります。

あの世には良い・悪いというジャッジが一切なく、良くも悪くもすべてが叶います。

なので結局は、あなた次第、ということですね!

 

「夢は深層心理を表す」の真実

夢占いというのもあるように、見た夢の内容から、深層心理を読み解くことができます。

これは、あの世が「思ったことが一瞬で現実化する世界」であることに起因しています、

寝ている状態(思考が休んでいる状態)であの世へ行き、自分が普段思っていることがそのまま現実化(イメージ化)されているからです。

思ったことがすべてそのまま「夢」となるため、夢には自分のすべてが反映されるのです。

 

なので究極を言えば、わざわざ難しい分析なんてしなくても、夢で見たそのままがあなたの考えていることですよってことですねwww

 

見たい夢を見る

ということは、自分の見たい夢を見ることも、当然可能なはず。

夢の世界(あの世)へ行ったとき、自分で見たいものを考えればいいのです。

 

たとえば、大好きなプリンをお腹いっぱい食べ、しかも太らない夢を見たいとします。

それなら、大好きなプリンをたくさんイメージし、それを食べることをイメージし、太ることをイメージしなければいいのです。

しかしここで、きっと多くの人がつまづくであろうことが、「イメージしたくないことをイメージしてしまう」という点ですね!

「こんなにたくさん食べて、太ってしまったらどうしよう」と思った瞬間に太ってしまいますし、「こんなに食べたら、もうプリンがなくなってしまうかもしれない」と思った瞬間にプリンはなくなります。

 

こういった、考えたくないことを考えてしまう原因は「恐れ」です。そして、恐れとは大体、先のことを考えるから起こります。そんな恐れる気持ちが、実際に恐れるものを作りだしているのです。

それなら、恐れなければいいだけの話。先の事なんて考えなければいいのです。

 

そして実は、ここまで書いてきた「夢」「あの世」の話を応用して、今わたしたちが生きている「この世」を、夢のようにすべて叶えながら生きることができます。

 

その方法はこちらに続く↓

あの世のルールを知れば願いは叶う

2018.11.06

 

おまけ

 

「夢」にちなんだオススメ曲

Sponsored Link

コメントを残す