死後の世界とこの世のしくみがわかる本

こんちゃ!machuno(@machuno3)やで!

最近、Kindle本「死後の世界の案内人」シリーズを全3冊読みました📚🎵

 

この本は、主人公の男が死んで死後の世界へ行き、そこで出逢った”死後の世界の案内人”から死後の世界のことを根掘り葉掘り教えてもらうというもの。

「男」と「案内人」の会話形式で最初から最後まで書かれていて、とてもわかりやすく死後の世界について教えてくれています🎵

なんとこのシリーズを読めば、死後の世界のことが具体的に分かるだけでなく、死後の世界を知ることでこの世のしくみも分かり、今をどう生きればいいか、物事をどう考えればいいかなどが全部分かるんですよ😆💕✨✨✨

 

machuno
この本さえ読めば他に何も言うことないんじゃね??????

 

だからこの世に生きてる人全員に読んでほしい‼‼‼‼‼

 

死後の世界を知るとこの世のしくみもわかる

死を理解するのは人生を理解するのと同じです。死後の世界をよく知る人は、人生の生き方もよく知っています。

引用元:死後の世界の案内人1

死後の世界の案内人だけでなく、わたしは今までもいろいろなところから「あの世」とか目に見えない世界の探究をしてきました。

その結果たどりついた答えは「大丈夫なんだ」ってこと。

人が生まれてきた理由・使命・神様って?この世界の真実とは?

2018.10.04

これに気付いてから、本当に心が軽くなりました。単に「気の持ちよう」と言えばそれまでなのですが、ただ何かを思い込んだだけというわけではありません。わたしはこの世の真実を知ったのです。

真実を知れば、じゃあ今生きている意味は何なのか?自分は今、この先、どう生きればいいのか?その答えが出ます。

死後の世界を知ることはまったく無駄どころか、かえって今生きている人生を有意義に生きるために大いに役立つのです💡💖

 

あの世とこの世の仕組みは同じ

天国では意識の願望が実現しやすいだけです。この場所の願望の実現システムが根本的に他と異なるわけではありません。

引用元:死後の世界の案内人1

実は、あの世とこの世は仕組みが同じ。あの世(天国)では自分が「〇〇に行きたい」と思った瞬間にそこへ行っていますし、「〇〇を食べたい」と思った瞬間にもう食べています。

あの世では、思ったことが実現するスピードがめちゃくちゃ早いからわかりやすいだけで、実はこの世でも同じことが起きているんですよ😆🎵

よく「思考は現実化」するっていうじゃないですか。アレってホントなんですw

 

じゃあなんで、この世では「食べたい」と思ってもすぐに食べ物が出てこないか?

それは、この世では物質度が高いので、思ったことが現実になるまでに時間がかかるだけ。

願望が実現しないのではなく、実現するスピードが遅いがゆえにまるで願望が実現しないかのような錯覚をするのです。

引用元:死後の世界の案内人1

 

でも”時間”も実は幻想なので、「時間がかかる」という思い込みによってそういう設定を自分で作っているため、実際に時間がかかります。

すべては自分がこの世界をどういうものとして設定しているか(強く思い込んでいるか)なんですよ。

この記事↓にも書いたように、

人が生まれてきた理由・使命・神様って?この世界の真実とは?

2018.10.04

神様とは自分。この世界を創った・創っているのも自分ですからね!

あなたはいま自分の創ったものに囲まれていますが、地上で生きていた時だって、好きに自分の創造したものに囲まれていました。

引用元:死後の世界の案内人1

machuno
いやーもうすでに面白い!めっちゃ語りたいwww

 

「この世」は空想、「あの世」が現実

地上で見られる光景は錯覚です。物質が実在しているわけではありません。

引用元:死後の世界の案内人1

この世には、「この世」が現実で、目に見えない「あの世」は空想だと思っている人がほとんどではないでしょうか。

実は逆です。

はっきりと目に見える「この世」は空想で、目に見えない「あの世」こそが現実なんです。

 

精神世界に興味のある方なら知っているであろう「潜在意識は氷山の一角でしかない、意識の約98%は潜在意識」という話。

これは、あの世の自分(魂)こそが本体であり、この世にはその魂のうちほんの2%ほどを送り込み、”現実”というバーチャルリアリティを経験しているんです。

だから「この世」=VRゲームみたいなもん、プレイヤー本体は「あの世」にいるんですよwww

machuno
ファーーーーーwwwww楽しいこの話wwwwwww

 

あなたはなぜそれをするの?

人が行動を決めるとき、その理由は「そうしたほうが”良い”から」といったものが、今の人々にとっては多数派かと思います。

しかし、この世界に「善悪」なんてありません。だから何を選んでも、何をしてもいいのです。

だとしたら、人が行動する理由・やるかやらないかを決める基準は何になるのか?「楽しいから」でもいいのですが、じゃあ何をしていれば楽しいのか?

何をするのも自由な世界では、人が行動をする理由はたった一つしかありません。「その行動が自分を表すから」です。あなたはどのような自分でいたいですか?

引用元:死後の世界の案内人2

本来、人が行動する理由は「自分だから」なんです✨

「自分だから」それをやってて楽しめるんですよ。それをやることが自己表現としてピッタリだから楽しいんですよ😆🎵✨

 

ちなみにわたしはブログを書くことが好きで楽しいですし、ブログってそのまま自己表現をすることですよねwだからわたしは「わたしだから」ブログを書きたいんだよね~っていう感じですww

あとわたしはすぐに興味が変わるっていうのもわたしっぽいな~と思ってて、人からもそういわれるので、「わたしだからすぐ飽きて次いくよね~」っていう感じでもありますw

でもブログってどんどん話題が変わっていった方が楽しいと思うので、やはりブログはわたしの自己表現としてピッタリですね😆💖✨

 

こんな人にオススメ!

まぁこんな感じで、全部引用したいくらいに学べることが詰まった本「死後の世界の案内人」シリーズ!!

  • 悩みがある人
  • 人生を変えたい人
  • 人生の意味・生きている意味を知りたい人
  • あの世のことが知りたい人
  • 自分探しをしている人・自分のことが知りたい人
  • 死にたい人
こういう人たちにぜひ読んでいただきたいです!!

いや、やっぱ全人類に読んでもらいたい!!!(笑)

 

死後の世界の案内人シリーズ 全3冊

死後の世界の案内人1
ナカモト・サトシ (著)
👉Kindle版はこちら
「ここはどこですか?」「ここはあの世です」「あの世?」このやり取りに見覚えがある人も多いはず。インターネットの掲示板に投稿されて大きな話題を呼んだ作品が、まったく新しく書き下ろされてKindleに登場。死後の世界の案内人との対話形式で進む物語。全三部作。あの世についてを極限まで分かりやすく解説した第一作。
死後の世界の案内人2
ナカモト・サトシ (著)
👉Kindle版はこちら
インターネットの掲示板に投稿されて大きな話題を呼んだ作品が、まったく新しく書き下ろされてKindleに登場。死後の世界の案内人との対話形式で進む物語。全三部作。
自殺をした人はあの世でどうなるのか。自殺とは何の事を言うのか。人を殺す事はなぜ許されるのか。倫理的な問題を解説する一冊。シリーズ第二部。
死後の世界の案内人3
ナカモト・サトシ (著)
👉Kindle版はこちら
インターネットの掲示板に投稿されて大きな話題を呼んだ作品が、まったく新しく書き下ろされてKindleに登場。死後の世界の案内人との対話形式で進む物語。全三部作。
地上に生まれる前の魂は、あの世で長いあいだ何をしているのか。死後の生活を取り上げる一冊。シリーズ完結編。

Sponsored Link

コメントを残す