働きたくない人は「普通」になることを諦めるべし

こんちゃ!machuno(@machuno3)やで!

日本って変ですよね!

体調悪くても仕事優先、自分のことを犠牲にしてでも他人を優先、自分の気持ちよりも他人の気持ちを考えろ…って

拷問ですかね?

日本はサービスの質が世界一だと言われてますが、その分の犠牲が激しい気がします。

わたしは日本は好きですが、そういう意味わからないところは大嫌いです。

 

そしてこの「個より集団」の空気って、戦争をどうしても彷彿とさせちゃうんですよね🤔💭

誰かの言うことを聞かせるために、マインドコントロールされてるというか。

 

学校での「気を付け!」とか「整列!」っていうのも、わたしからすると謎なんですよね。

だってアレ、なんの意味があるんですか?納得できる理由を聞いたことないんですよ。

 

なんで自分を最優先にしちゃダメなの?

なんで自分が幸せになるために他人を幸せにしないとダメなの?

他人のことばっかり優先してて自分も幸せになれるの?

なんで悲しくても笑顔でいることがいいことなの?

不自然な笑いが良しとされる世の中って気持ち悪くない?

なんで自分の身体を犠牲にしても仕事に行かなきゃいけないの?

なんで休みたいのに休んじゃいけないの?

 

すぐ何かしらと「宗教臭い」とかいう人がいますけど、わたしからすれば常識に染まってる人たちのほうが宗教臭いというかマインドコントロールされちゃってるなーって思いますね。

 

ホントにこの世(日本だけかも)にはわけのわからない「善」がいっぱいありますね。

ま、わたしはそういうのに従えないから社会不適合者なんですけどねw

 

そしてそういった「普通」に従ってイヤイヤ仕事をしている大人って、本当にいっぱいいます。

この仕事が好きなんだ!って言ってる親や、本当に楽しそうに仕事をしている親を見たことない子どもがそのまま大人になって、「働きたくない」って思うのは当然じゃないかなと思うんです。

わたしもその一人なんですけど、周りに「好きで仕事してる大人」がいませんでした。

周りの大人は「仕方ないから」「生活のために」「家族のために」自分が苦しんで働いていて、「楽してお金は稼げない」「仕事は嫌なものであって当然だ」「給料は我慢料だ」という価値観を無意識に植え付けられた子どもが大人になりました。

 

でもわたしは大人になっても「社会」に馴染めなかったおかげで、「この世界は何かがおかしい」ということに気付くことができました。

一度植え付けられた価値観を、根本から疑える大人になれました。

常識に染まることなく大人になることができました。

一時期はそんな自分をコンプレックスに感じていたけど、今はこう思うと、社会に馴染めなくて本当によかったと思えます。

 

これからの時代は、今までのお金の稼ぎ方では稼げなくなって、今までお金を稼げなかった方法でお金を稼ぐ時代なんだそうです💴

今はまだ信じられない人も、そのうちわかってくるんだと思います。

 

それなら、休みたいときには休めて、一切我慢しなくてよくて、自分がやってて楽しい=苦しくないどころかもっとやりたくなるような、遊びでお金をもらえるような仕事が常識になるってこと。

YoutuberのHIKAKINさんは、その時代の先駆けとなった人だな~と思います🎵

 

だから「普通の仕事」がしたくないわたしのような人間は、とっとと「普通に働く」ことを諦めて、自分の好きなことを堂々とやり続けることが大切だなと。

わたしはそれが「ブログを書くこと」なので、今後も書き続けていきます💖✨

Sponsored Link

コメントを残す