サボりたいあなたへ~サボってもいい時・ダメな時~

こんちゃ!サボり魔のmachuno(@machuno3)やで!

 

仕事をサボりたい…

学校をサボりたい…

約束しちゃったけどサボりたい…

 

そんなサボりたい気持ちでいっぱいのあなた!

 

超絶サボり魔であるmachunoが、

サボっていい時とダメな時の見極め方を教えるでぇぇぇ\(^o^)/⭕❌

 

「手段」がめんどくさい場合はサボっちゃダメ

たとえば「旅行に行きたいけど、荷造りするのがめんどくさい」とか、「告白したいけど、振られるのがこわい」のように、「〇〇したいけど△△がめんどくさい・こわい・嫌だ」っていう場合はサボっちゃダメと判断しよう!

この場合、頭で先のことをいろいろ考えてしまって動けなくなっています。でも本当は、そのめんどくさい要素さえなければ「やりたい」というのが本心

本当はやりたいのにやらないなんて、せっかくこの世に生きてるのにもったいないですからね!

 

そしてもし工夫できることであれば、嫌なことをうまく避けて目的を遂行できる方法を考えてみるのもアリでしょう💡✨

たとえば「近々、映画を観に映画館に行きたい。でもあんまり人に会いたくないし、泣くかもしれないから化粧していくのもなぁ…」っていう場合、machunoならこうするでしょう。

machuno
日曜日のレイトショーを観にいこう!

日曜日なら次の日が月曜日だから、ほとんどの人は夜遅くに映画なんて観に来なさそう。来ても少ないはず。だから日曜日のレイトショーを、スッピンで観にいく。

 

こんな感じで、工夫しようと思えばできるはずなんですよ。「できない」って最初から決めつけちゃったら宝の持ち腐れですよ。

 

だって工夫するための脳みそなんですから!!

 

このように、本心では「やりたい」と思っているのに、先のことを考えてしまって「NO」の場合、サボらずにやっちゃった方がいいでしょう😉💖

 

本心から「やりたくない」場合は迷わずサボれ!

今まで書いてきたように最終目的自体ではなく、目的へ向かう手段や道のりがNOっていう場合はサボってはいけません。なぜなら本当はやりたいと思っているから。

しかし反対に、目的へ向かう手段や道のりは嫌じゃないけど、最終目的自体がNOっていう場合はサボった方がいい。いや、サボれ。迷いなくサボれ。誰になんと言われようがサボタージュしてしまえ。

 

これはどういう時かっていうと、理由もなくやりたくない場合

たとえばさっき挙げた例のうち「旅行に行きたいけど荷造りがめんどくさい」ではなく「荷造りが嫌なわけじゃないし、何が嫌ってわけでもないけど、なぜか旅行に行きたいと思えない」なら、旅行には行くなってことです。

他にも「あの子が嫌いなわけじゃないけど会いたくない」みたいな、理由はないけど、なぜかしたくないっていう場合は100%やらない方がいいでしょう。それは本当にしたくないってことですから✋

 

そういう時に「別に嫌な理由もないし」とか言ってやってしまうと、「やらなきゃよかった😭」ってことが待っていることも多いんですよね_(:3 」∠)_⚠

なので「何が嫌ってわけじゃないけどやりたくない」場合は、思い切ってやらない方をオススメします!

 

うまくサボって自分の道を歩もう!

この記事に書いた基準でうまくサボれるようになれば、余計なことに時間を使うことなく、きちんと自分の人生を歩めるようになります。

だから、サボる=悪いこと、とは一概には言えません。

サボることが正解のことだって山ほどあるからです。

「正しい道」とか「間違った道」ではなく、「自分の道」を選びましょう。

それがあなたにとって正解の道ですから✨

 

あわせて読んでほしい

やりたいことにはワガママであれ!

2018.10.19

【完全版】自分らしく生きる方法・やりたいことがわからない時の解決策

2018.08.21

Sponsored Link

コメントを残す