「ストレスの原因がわからない」の正体

こんちゃ!machuno(@machuno3)です!

今日は整体に行ってきたんですが、身体を正常な状態に戻してもらったことで気付いたことがあったので、その気付きをみなさんにシェアしたいと思います💡✨

整体で身体をニュートラルな状態にしてもらった

わたしは骨盤が少しゆがんでいたことが原因で、背中や首の方にまで負担がかかっていると、整体のお姉さんに教えてもらいました。

普段、ブログを書いているときに夢中になって、長時間ずっと悪い姿勢で座り続けていたりするので、それもひとつの原因だと言われました😓

なので今日は全身のゆがみをこってり治してもらい、

背筋が伸びたでええええええ!!!!!!姿勢が良くなった気がするでえええええ!!!!!今ならどんなことも乗り越えられる気がするでえええ!!!!!

と、気持ちまでサッパリ😀✨

わたしは「正しい姿勢がどんなんだったかわからなくなった」と話していたので、

これが正しい姿勢ですよ。この感覚を覚えておいてくださいね。

と整体のお姉さんに言われ、その姿勢を形状記憶したまま、ついでに買い物に行きました🛒💨

ストレスで肩がすくんでた

買い物をしていたしばらくの間は「やっぱ身体が正常だと気持ちもすがすがしいわぁ~☺✨✨」とルンルンしていたのですが、いつの間にかそれを感じなくなっていたことに気が付きました⚠

あれ⁉さっき治してもらったところなのに😱‼💦

ただ買い物をしていただけなのに、いつの間にか肩がしんどくなっていたのです😱⚠💦

そして母が身体のことに詳しいので、このことを話してみました。

すると、「人間はストレスがかかると、心臓を守ろうとして肩に力が入り、肩がすくんで丸くなる」とのこと⚠

それを聞いて、意識して肩の力を抜いてみると、また肩が整体後のように楽になりました。

ほんとだ😱買い物してただけなのに、いつの間にか肩に力が入ってたなんて💦

整体後はリラックスしていてほどよく力が抜け、肩が自然なポジションにあったから楽でしたが、それから徐々にストレスで力が入り、いつの間にか元の姿勢に戻っていたのです⚠

わたしは「人混みが苦手」とは分かっていましたが、買い物程度の人混みなら平気だと思い込んでいました。でも本当に平気だったかと言われれば、「ホントはちょっと嫌だな」という感じだったんですよね😓

でも、こんな些細な「ちょっと嫌だな」くらいで、こんなにも身体が縮こまってしまっていたなんて、身体はなんて繊細で正直なのだろうと思いました_(:3 」∠)_

心はごまかせても、身体はごまかせないんですね🤔

いま思えば普段は常に緊張状態だったから、緊張状態が「普通」になってしまっていて、この程度のストレスに気付くことができなかったんだと思います。

でも今日は整体で身体をニュートラルな状態にしてもらったことで、今まで自分が緊張状態だったことと、今まで気付けなかった些細なストレスや身体の変化に気付くことができたのでした💡

行動心理学的にも、身体は嘘がつけない

わたしは以前、メンタリストDaiGoさんに憧れていたことで、行動心理学の勉強をしていたことがありました📚本当に大した資格ではありませんが、行動心理士の資格もとりました。

わたしが勉強していた行動心理学は、人の仕草から本音を読み取るといったものでした👀🔍

そこで勉強してわかったことがあります。

どんなに自分をコントロールしてごまかしているつもりでも、身体のどこかには必ず本音が出てしまうということです。うそをついていると、うそをついているというサインが身体に出ます。人は自分の心をごまかせたとしても、身体は絶対に嘘が付けません。

わたしは自分の心の声をごまかして「平気」だと思っていたのに、身体は正直に「本当は平気じゃないよ」ということを教えてくれたのでした。

考えてみれば、わたしは昔から好き嫌いがハッキリしまくっているはずなのに、なぜか「嫌だけど大丈夫」というものが増えていました。

本当は大丈夫じゃありませんでした。わたしは嫌なものは嫌なのです。でもそのままじゃ生きづらいから、大丈夫だということにして、いつの間にか自分に嘘をついていたのでした。

「こんなことくらいで嫌だとか思っちゃいけないんだ」と、今までの嫌な経験からそう思うようになっていて、知らず知らずのうちに我慢していたのだと思います。

「心の声は本当に小さいから、注意して聴いてあげないといけないよ」と言われたような気がしました💭

「これくらい大丈夫」なストレスでも、溜まるとしんどい

今日は自分の肩がすくんでいることに早く気付けたので、すぐにゆるませることができました。

もしこれに気付かず、いつものように自分の心をごまかし続けていたら、いつまでもわたしの身体は無理をしてしんどかったことでしょう。

その時々の「これくらい大丈夫」という些細なストレスが、いつの間にかどんどん溜まって、ある日突然身体にどっと出るということがあります。大きく身体にどっと出てしまったころには「何がこんなにストレスなのだろう」と、もはやわからないかもしれません。

本当は、自分が想像しているような大きなストレスではなく、日々の些細なストレスの積み重ねが原因なのかもしれませんね。

わたしも「なにがこんなにストレスなのかわからない」と悩んでいたことがありましたが、今思えばこういうことだったんだと思います。

「こんなことくらいで嫌だとか思っちゃいけない」などと頭で考えて、ストレスをなかったことにする。身体は嘘が付けないから、ストレスを表現する。これが「ストレスの原因がわからない」の正体だと、今日わたしは気付きました💡

これからはほんの些細な「嫌だな」をごまかすのをやめて、堂々と「嫌だ」を認め、その上でどう対処するかを考えようと思いました。ちゃんと心の声を聴いてあげようと思いました。

そうすることできっと、身体への負担が減り、健康にもつながてくるだろうと思います🎵✨

コメントを残す